大阪・寝屋川の佐々木行政書士・マンション管理士事務所の佐々木です。

当事務所 Websitehttp://homepage3.nifty.com/sasakihoumukaikei/

今回は、不動産業(宅建業)開業手続についてみてみたいと思います。

 不動産業(宅建業:不動産業といっても大家業等は許認可は不要です。)開業の手続も、必要書類収集と書類作成、役所への提出手続等が、面倒な作業になると思います。

 飲食店や美容・理容室と異なり、不動産業(宅建業-不動産売買業・不動産売買賃貸仲介代理業)の営業許認可の要件は、店舗が衛生的であるかなどの設備面での要件は少なく、主に、人と手持ち資金に関する要件がチェックされます。

 人に関しては、経営者などに宅建業法に定める処罰経歴等がないかどうか、宅建士(宅地建物取引士;従前の宅地建物取引主任者(宅建主任者))が、法定必要人数配置されているかどうかなどがチェックされることになります。

 資金面については、法定の業界団体に加入することで、少しは楽になりますが、かかる法定業界団体への加入手続きが必要で、手続的に作業が増えることになります。

 また、いずれの許認可手続も同様ですが、各地方によって、手続方法が異なる場合がありますので、この点も注意が必要です。

 非常に面倒な手続ではありますが、この面倒な作業をしたからといって、本来業務に何か役立つかというと、役立つものはあまりないと思われ、こんなことするぐらいなら、もっと役に立つ開業準備に時間を回したい」等とお考えの場合は、お近くの行政書士に、宅建業免許申請(宅地建物取引業免許申請)に関する書面作成及び提出手続の代理をご依頼することも一考ではないかと思います。

 宅建士試験に合格している等の、宅建業法の専門家である行政書士なら、なお良いものと思います。

 また、臨床心理士・産業カウンセラー・メンタルヘルスマネジメント(
R)検定・日心連心理学検定(R)などの資格を持つ、あるいは行政書士会でのリーガル・カウンセリング研修などを受講した、心理学の専門的知見があって、カウンセリング的な対応が可能な行政書士によるサポートは、不安な新規開店時における、「一人ではない。不安な気持ちを和らげてくれるサポーターの行政書士さんと一緒に開業準備を進めていくことができるので心強い。」という心の支え的な効果もあると思います。

 気になる行政書士の報酬(行政書士によるサポートの手数料、料金)は、個々の行政書士、免許の種類(大臣・知事)、案件の難易度等によってケースバイケースではありますが、例えば、もっとも難易度の低いもの(個人・知事、営業所
1箇所等)ですと、おおむね10万円〜ぐらいではないかと思います。(法定の業界団体である協会・保証協会入会書類作成・提出手続行政書士報酬、行政書士の交通費等は別途となる場合が多いものと思います。また、役所に支払わなければならない手数料・登録免許税・協会・保証協会の入会金・会費、各種書類の収集費等の実費等も除きますので、これらも別途かかります。)

参照ウェブサイト:
https://www.zentaku.or.jp/about/flow04.html

(宅地建物取引業免許の申請 不動産開業までの流れ 宅建協会ウェブサイト)

行政書士・マンション管理士・1級建設業経理事務士 佐々木 賢 一

(商工会議所認定 ビジネス法務エグゼクティブ(
R)・日心連心理学検定(R)特1級認定者(16号)・日商簿記検定1級認定者・FP

大阪府行政書士会所属(会員番号
4055)・大阪府行政書士会枚方支部所属

対応可能地域
-大阪府中部・北部:寝屋川市・門真市・守口市・大東市・四條畷市(四条畷市)・東大阪市・大阪市・枚方市・交野市(これ以外の地域も対応可能な場合があります。ご相談くださいませ。)

Website
http://homepage3.nifty.com/sasakihoumukaikei/

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ


人気ブログランキングへ


brick-house-290320_640