メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第39号を発刊いたしました。


 受験者総数の約1%を占める746名の方に、ご登録いただいている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 また、当ブログの向かって右側サイドバー最下段に、カテゴリー・プラグインを設けました。

 憲法(人権編)、問題演習(憲法・行政法・民法)、勉強法の3つのカテゴリーを用意しています。

 憲法人権編テキスト、問題集、勉強法ノウハウコンテンツとして、これらのカテゴリーをご利用頂ければと思います。

 

東京タワー

 よく晴れた、雲ひとつない東京の空は気持ちいいですね。

 左の写真(東京都港区三田2丁目周辺で筆者が撮影)中央に写っている赤白の塔は何でしょうか?

 

 もちろん、東京タワーです。

 東京、いや富士山とならぶ日本のランドマーク(都市のイメージを決定づけるもの)です。

 ですので、東京を訪れた人達は、遠くからでも興味をもって東京タワーを眺めたり、もっと近づいて展望台に上ったりして、より東京タワーを深く知ろうとするわけです。

 しかし、このような興味を持ち、さらに深く知ろうという気持ちが湧いてくるのは、「東京タワー」を知識として知っているからであり、

 もし、「東京タワー」を知識として知っていなければ、「あら、大きな鉄塔があるなあ。」ぐらいの印象しか湧かず、それ以上深く知ろうとは思わないことでしょう。

 実際に以前、以下のようなことがありました。

 仕事で、新幹線に乗車したあるとき、通路を挟んで、隣側の席に男女二人組みの乗客(以下隣客といいます。)がおられました。

 新富士駅に近づいてきた頃、その女性の隣客が、「あっ、あれ、富士山じゃあない?」と筆者にも聞こえるぐらいの声でおっしゃりました。

 新幹線の窓の外に映る巨大な山は確かに「富士山」だったのですが、

男性の隣客が「いや、あれは富士山ではないだろう。似ているけど。でも、結構大きな山だね。」と女性の隣客に向かってお話されました。(^^;

 女性の隣客は、その話を聞いて「富士山じゃあないのか!じゃあ、見てもしかたないね。」といい、それ以上、窓の外を見ることはなく、以後は、男性の隣客と仕事の話に没頭されておりました。

 おそらく、「今は、新富士駅周辺であるから近くには富士山があるはずだ。」という「地理的知識」があれば、

「窓の外には、富士山に似た巨大な山がある、ということは、あの山は富士山だ!

そうそう見られるものではないから、もっと見よう、写真を撮ろう!」というように興味を持って、もっと深く知ろうとしたものだと思います。

 また、それがキッカケとなり、隣客二人の話はさらに盛り上がり、深まり、

そこから新たな知識(例えば、「富士山の高さはみななろ、だから3776メートルだよね。」というような話になり、富士山の高さという知識の再確認ができる等。)を増やすことができたかもしれません。

 しかし、そこに、至るための最初の地理的知識(「ここは新富士駅周辺だから近くには富士山があるはずだ。」)がなければ、さらに深い興味を持ち、深く知ろう、知識を深めようという気は湧いてこないということになります。

 知識を増やすことによって、興味を持つ範囲が広がります。

 そして、興味の範囲が広がれば、さらに知識は増えるということになります。

 また、前々回の記事にあるように、興味が持てることについては、集中力を発揮することができ、より深く知り、対象をいつまでも記憶することができます。

 このように知識を増やせば、興味の範囲が広がり、それによって集中力も高まって、記憶も強固なものとすることができ、芋づる式にさらに知識は増えていきます。

 これが、知識と興味のシナジー(相乗)効果です。

 「お金ももったいないし、安く上げるために、試験用テキストは一冊本で済まそう!」ということになると、

確かに、経済的には安くはつきますが、行政書士試験用テキストの一冊本は、

豊かな知識を増やすためには役立つところはないものと思われます(まとめ用には有用かとは思いますが・・。)。

 各科目毎に、テキストを用意して、精読ではなく、それを斜め読みでも読んでみると、知識は間違いなく増えることでしょう。

 あるいは、試験科目になっている法律の条文も、さらっとでいいので、全て読んでみると、これまた確実に知識は増えます。

 知識が増えると、興味範囲が拡大し、集中力・記憶力が増し、さらに鼠算式に知識が増加することは、前述のとおり間違いのない法則です。

 一冊本で済ましてしまうと、どうしても、知識は最低限以上には増えず、興味範囲も広がらず、知識と興味のシナジー(相乗)効果を期待することができません。

 よりパワーアップした勉強方法を模索する方は、是非、「知識を増やす」ということにも着目した勉強方法を考えていただければよいのではないかと思います。

 メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 

---------------------------------------------

当ブログ姉妹メルマガのお知らせ

●行政書士のためのマーケティング理論●

 科学的なマーケティング理論に基づく、行政書士事務所経営のためのベーシック・セオリーを身につけましょう。元第一線企業マーケターの行政書士が解説。このメルマガでは、単なる経験談ではない、科学的セオリーに基づくマーケティング理論を説明していきます。

 まぐまぐ[ビジネス] 2008/01/21号新作メールマガジン発行部数ベスト10入り(新刊107誌中8位)メルマガ!


メルマガ購読はこちら↓  

http://www.mag2.com/m/0000254708.html

WEBサイト http://blog.livedoor.jp/gyouseimake2008/

 

  ●独禁法マーケティング●

 あなたのマーケティング・プランや営業方法、独禁法に抵触していませんか?常識だけでは推し量れない、難解な独禁法の世界を、易しく解きほぐしていきます。独禁法という落とし穴に落ちないために、コンプライアンスマインドを身につけましょう。

メルマガ購読はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000254308.html

ブログ版独禁マーケティング http://rockrock2007.blog20.fc2.com/

---------------------------------------------