メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第17号を発刊いたしました。

 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0000220448.html

 さてメルマガ17号では行政計画と信義則との関係を取り上げました。

 メルマガ17号を読み終わった方は、合わせて以下の正誤問題を解いてみると、知識の定着を図れるものと思います。

(行政法正誤問題)

行政計画と信義則との関係に関する以下の記述は、妥当であるか否か。

「地方公共団体の工場誘致施策を受けて工場を建設しようとした者が、当該施策の変更により社会観念上看過できない程度の積極的損害を被る場合に、地方公共団体が損害を賠償する等の代償的措置を講ずることなく施策を変更することは、やむを得ない客観的事情によるのでない限り、当事者間の信頼関係を不当に破壊するものとして違法性を帯び、地方公共団体の不法行為責任を生ぜしめるとするのが判例である。」

(平成10年国家公務員1種試験行政法)

(行政法正誤問題終わり)

----------------------------------------------

★ブログランキングに参加しています★


以下の2つのバナーをクリックお願いします!!


人気ブログランキングバナー1

 
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ

----------------------------------------------

正解は以下です。

| 

正解:妥当である。

  より、詳しい解説は以下の当メルマガバックナンバーでご確認のほど宜しくお願いします。。

http://blog.mag2.com/m/log/0000220448/

(法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士バックナンバー)

 メルマガ17号を読まれた後の方は、今回の問題も、楽勝でしたね。

(b^ー°)

 当ブログで出題している正誤問題は国家公務員第1種試験や司法試験といった日本最難関試験の問題ばかりですが、メルマガをお読みになった後に解くと、いとも簡単に解けるということが実感できるかと思います。

 もちろん、これらの試験問題に大きな影響を受けて作問されるであろう、新行政書士試験の問題も同様にいとも簡単に解けるようになることでしょう。

 お読み頂ければ確かな実力を着実につけていくことができるものと思いますので、是非、メルマガの方にもご登録頂ければと思います・・。

 メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0000220448.html

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
 
 

----------------------------------------------

★新刊行政書士試験用書籍のご紹介★

わかる行政書士予想問題集 法令編 平成19年版 (2007)

わかる行政書士法令編・要点整理 平成19年版 (2007)


----------------------------------------------