メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第14号を発刊いたしました。

 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0000220448.html

 さて、今回は憲法の正誤問題を考えてみましょう。

(憲法正誤問題)

 以下の記述は独立行政委員会の合憲性を肯定する考え方の根拠として、妥当であるか否か。

 峽法41条が国会を「唯一の立法機関」と定め、また、第76条が「すべて司法権」を裁判所に属させているのに対し、第65条は、「行政権は、内閣に属する。」としているにとどまる。」

◆崙盂佞蓮独立行政委員会による個々の職権行使についての指揮監督権を持っていないが、人事権・予算権を通じて、なお一定の監督権を持っている。」

(平成10年国家公務員1種試験憲法改題)

(憲法正誤問題終わり)

正解は以下です。

| 

正解:´△箸發紡電である。

 ´△呂い困譴癲独立行政委員会の存在の合憲性を肯定していますが、ただし、,蓮独立行政委員会の存在は「65条の例外」であると考えているのに対し、△蓮◆65条の範囲内」にあると考えている点に違いがあります。

 より、詳しい解説は以下の当ブログバックナンバーでご確認のほど宜しくお願いします。。

行政書士試験!法的思考力を身につけて、絶対合格!:憲法記述式演習で法的思考トレーニング - livedoor Blog(ブログ)

(法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士バックナンバー)

 メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0000220448.html

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!

にほんブログ村 資格ブログへ

人気ブログランキングバナー1
 
 

----------------------------------------------

★新刊行政書士試験用書籍のご紹介★

わかる行政書士予想問題集 法令編 平成19年版 (2007)

わかる行政書士法令編・要点整理 平成19年版 (2007)


----------------------------------------------