大阪:佐々木行政書士・マンション管理士事務所ブログ

法務・会計・心理学の1級資格を有する、ビジネス・暮らしの総合アドバイザー

2007年01月

大阪・寝屋川の行政書士・マンション管理士・FPです。東京商工会議所主催ビジネス実務法務検定試験(R)1級・日商簿記1級・日心連心理学検定(R)特1級の3つの1級資格を保持する、おそらく日本で唯一のトリプル1級ホルダーの行政書士だと思います。多角的な視点から思考することができる総合的なサポーターを目指しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、E-MAIL  fwkt0473@mb.infoweb.ne.jp  まで

行政書士・マンション管理士・1級建設業経理事務士 佐々木 賢 一

(商工会議所認定 ビジネス法務エグゼクティブ(R)・日心連心理学検定(R)特1級認定者(第16号)・日商簿記検定1級認定者・FP)

大阪府行政書士会所属(会員番号4055)・大阪府行政書士会枚方支部所属

Website: http://sasakioffice.la.coocan.jp/

普通にセクハラオヤジ??

 livedoor ニュース - 「産む機械」発言で安倍首相が陳謝

 厚生労働大臣の上記発言は、ニュース報道が事実だとするならば、普通にセクハラオヤジ的な発言のように思えます。

 痛みを知らない人間が人を傷つける発言を行う典型的な例ではないかとも思います。

 セクハラという用語は、「男女雇用機会均等法」21条に「職場における性的な言動に起因する問題に関する雇用管理上の配慮に関する規定」ができてから有名になった言葉です。

http://www.houko.com/00/01/S47/113.HTM

(法庫HP:男女雇用機会均等法条文)

 

続きを読む

合格発表。。

 今朝、昨年度の行政書士試験の結果発表がありました。

 申込者数 88,163人

 受験者  70,713人

 合格者   3,385人

 合格率    4.79%

 という結果だったようです。

http://gyosei-shiken.or.jp/gokaku/ichiran.htm

(財団法人 行政書士試験研究センターHP)

 合格された方は心よりお祝い申し上げます。

 おめでとうございます。

続きを読む

要件事実各論

 昨年の12月29日の当ブログの記事で要件事実論を取り上げました。

行政書士試験!法的思考力を身につけて、絶対合格!:要件事実論・事実認定論(日本行政の記事より) - livedoor Blog(ブログ)

 上記でも紹介いたしました、先月号の「月刊日本行政」に続き、今月号にも要件事実論(各論)が特集されています。(p1〜19)

 要件事実論は「法律家」を名乗るために最低限必要な必須素養であるものと思います。

 現役実務家行政書士の方、とりわけ権利義務事実証明に関する書類作成やこれらを代理人として作成する業務(権利義務関連業務と略します)に従事する方は、是非、「月刊日本行政」2006年11月号(p14〜16)、2007年1月号(p21〜30)、2007年2月号(p1〜19)を保存頂き、お忙しいとは存じますが、できればご熟読頂ければと思います。

 それが、業務のクオリティをアップさせる一助となるとともに、業務上のトラブルを未然に防ぐ、リスクマネジメント的素養にもなるものと思います。

 

続きを読む

違憲判例で法的思考トレーニング

 メルマガ第6号を発刊いたしました。

http://blog.mag2.com/m/log/0000220448/

(メルマガ:法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!)

 この6号まででひととおりの解釈技法のご紹介が終わったということになります。

 ここまでのメルマガの内容を前提として、以下の違憲判例を用い、法的思考トレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

最高の資産を手に入れる方法!

 色んなブログやメルマガを見ると、「アフィリエイトで月100万円儲けて、これであなたも勝ち組に!」・「こうすれば勝てる!資産運用マル秘テクニック!」とかまあ、そういうのがとても多いですね。ヽ(・∀・ )

 また、そういうところはとてもアクセス数等も多いようです。

続きを読む

平成18年度試験の記述式について

 昨年の大晦日(12・31)の当ブログの記事で以下のように書きました。

http://blog.livedoor.jp/houtekisikou2007/archives/51346352.html

 (行政書士に法的思考力が必要とされる理由)

 そして、2006年度行政書士試験記述式試験などはまさに、上記のような思考に基づいて業務を行うことができる素養があるか否かを問う基本的な問題であったものと思われます。

 また、次年度以降は、さらにこの点が本格的に問われる形になることでしょう。

行政書士等の仕事は、

a.「依頼者の望む効果を生む要件・効果の探索(法令・判例等の調査)をして」

b.「要件に合致する事実の探索(これを事実証明作業ということにします))をして」

c.「調査結果を文書(書類)等にまとめて、依頼者の希望に沿う上記以下の結果が出るよう尽力すること」

であるわけですが、昨年の記述式試験はまさにこのような流れを問うものであったものと思われます。

では、平成18年度行政書士試験記述式問題を使って、それを確認してみましょう。

(平成18年度行政書士より以下引用)

問題44 保健所長がした食品衛生法に基づく飲食店の営業許可について、近隣の飲食店営業者が営業上の利益を害されるとして取消訴訟を提起した場合、裁判所は、どのような理由で、どのような判決をすることとなるか。40字程度で記述しなさい。

(引用終わり)

続きを読む

一所懸命に努力すればするほど酷い目に遭う?

 昨日は、ライブドアブログランキング「社会人の勉強部門」での当ブログランキングは、72位だったのですが、皆様のおかげで、本日現時点で、63位までアップしております。

http://blog.livedoor.com/blog_ranking_category-99.html


1位は依然として、行政書士を目指されているキャバ嬢さんのブログですが、なんとか追いつけるようにがんばりたいと思います。

55位の「元キャンギャルの行政書士受験日記」は、4ポイント差の射程距離内にありますので、当面はこちらを目標にしたいものと考えております。

こちらもかなり手ごわいのですが。 

それはさておき、メルマガ第5号を発刊いたしました。

http://www.mag2.com/m/0000220448.html

(メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」は上記より読者登録をお願いいたします。)

 この第5号及び次号第6号までで、一応、法的思考力を身につけて、行政書士試験の絶対合格を目指すための基本的ツールは全て手に入ることになります。
 

続きを読む

ライブドアブログランキング社会人の勉強部門1位!

 ライブドアブログランキング社会人の勉強部門1位!といっても、もちろん、当ブログではなく、それは、以下のブログだそうです。

キャバ嬢から法律家への日記 - livedoor Blog(ブログ)

http://blog.livedoor.com/blog_ranking_category-99.html

(ライブドアブログランキング社会人の勉強部門)

続きを読む

過去問を解いてみましょう

 メルマガ第4号では各種論理解釈手法のご説明をいたしました。

http://blog.mag2.com/m/log/0000220448/108124182.html

(メールマガジン「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!第4号)

 そこで、各種論理解釈手法の確認をするために、平成7年度行政書士試験の問題を解いてみましょう。

平成7年度行政書士試験 問題50


 法の解釈に関する次の記述の【 ア 】から【 エ 】までに入る語句の組合せとして、正しいものはどれか。

A 債務不履行による損害賠償について、賠償すべき損害の範囲を定めた民法第416条の規定は不法行為による損害賠償についても適用されるとする解釈は、【 ア 】である。

B 刑法第38条第3項の「法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その罪を軽減することができる。」との規定にいう「法律」とは、法律のほか、政令、省令、条例、規則など一切の法令を含むとする解釈は、【 イ 】である。

C 民法第754条の「夫婦間で契約をしたときは、その契約は、婚姻中、何時でも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。」との規定にいう「婚姻中」とは、単に形式的に婚姻が継続しているというだけではなく、実質的にもそれが継続していることをいうものとする解釈は、【 ウ 】である。


D 民法第737条第1項に「未成年の子が婚姻をするには、父母の同意を得なければならない。」とあることから、成年の子ならば、婚姻をするについて父母の同意を得ることを要しないとする解釈は、【 エ 】である。

     ア      イ        ウ      エ
1 類推解釈  拡張解釈  縮小解釈  反対解釈
2 拡張解釈  類推解釈  反対解釈  縮小解釈
3 類推解釈  拡張解釈  反対解釈  縮小解釈
4 拡張解釈  類推解釈  縮小解釈  反対解釈
5 類推解釈  縮小解釈  拡張解釈  反対解釈

続きを読む

メルマガ第4号発刊のお知らせ及び若干の補足について

 このブログと同名のメールマガジンの第4号を発刊いたしまいた。


 内容をご覧頂ければわかりますように、ブログと同様、同種の他の無料メルマガ等とは質的量的内容が圧倒的に違うものだと思います。
 

続きを読む
ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


↑の2つのバナーを、
クリックお願い致します!
ランキングアップにご協力を!

ギャラリー
  • 深夜における酒類提供店の開店手続
  • 酒類販売業免許について
  • 風営法について
  • 不動産業(宅建業)開業手続
  • 理容所・美容所開設の手続き
  • 飲食店等の食品衛生法に関する営業許可
Amazon






ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

↑の2つのバナーを、
クリックお願い致します!
ランキングアップにご協力を!

livedoor 天気
Amazon






QRコード
QRコード
Categories
  • ライブドアブログ