大阪:佐々木行政書士・マンション管理士事務所ブログ

法務・会計・心理学の1級資格を有する、ビジネス・暮らしの総合アドバイザー

大阪・寝屋川の行政書士・マンション管理士・FPです。東京商工会議所主催ビジネス実務法務検定試験(R)1級・日商簿記1級・日心連心理学検定(R)特1級の3つの1級資格を保持する、おそらく日本で唯一のトリプル1級ホルダーの行政書士だと思います。多角的な視点から思考することができる総合的なサポーターを目指しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

お問い合わせは、E-MAIL  fwkt0473@mb.infoweb.ne.jp  まで

行政書士・マンション管理士・1級建設業経理事務士 佐々木 賢 一

(商工会議所認定 ビジネス法務エグゼクティブ(R)・日心連心理学検定(R)特1級認定者(第16号)・日商簿記検定1級認定者・FP)

大阪府行政書士会所属(会員番号4055)・大阪府行政書士会枚方支部所属

Website: http://sasakioffice.la.coocan.jp/

予言の自己実現(自己成就)

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第36号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 漠然とした気持ちで勉強していても目標を達成することはできません。

 「こうありたい。」という強烈なイメージが目標を実際に形作っていきます。

 「自己啓発のために・・。」という気持ちで行政書士試験を受験しても、

昭和の時代の試験ならいざしらず、行政書士試験が難関試験となった現在ではなかなか合格は難しいことでしょう。

 実際に合格証書を手にした自分、登録してコスモス・バッチを手にした自分、

当該バッチを襟元につけて、気のあった優秀なパートナー行政書士と行政書士法人を設立し、

都心のオフィス・ビルで開業し、数人のアソシエイト行政書士や補助者を使いながら、相談室で企業の社長達と打ち合わせをしている自分、

バリバリと仕事をしている自分、そういうイメージが目をつぶれば浮かんでくるぐらいに、強く望めばそうなります。

 イメージを強化するために、インターネットで合格証書や登録証書、コスモス・バッチの画像を探してきて、

それを見ながら想像を膨らませるというのも自己暗示をかけるためには有効です。

 参考HP)行政書士試験合格証及び登録証書を掲載している西尾行政書士のHP

 参考HP)コスモス・バッチ(行政書士バッチ)を掲載している岩本行政書士のHP

 新宿新都心の超高層ビルにオフィスを構えて、億単位の年収を稼ぎ出す行政書士も実際にいますので、

自分もそうなっているというイメージを描くのも効果があるものと思います。

 寝る前のうつらうつらしている時にそういうイメージに浸りながら、就寝するのがもっとも効果的ではないかと思います。

---------------------------------------------

★ブログランキングに参加しています★


以下の2つのバナーをクリックお願いします!!

人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ


---------------------------------------------

 願望は強く願えば成就します。

 あらゆる分野における成功者は、みんな、口をそろえて必ずそういいます。

 「またまた。。成功哲学本みたいなこといっちゃって・・。」と思われるかもしれませんが、

れっきとした社会学の理論にも、「予言の自己実現(又は予言の自己成就)」というものがあり、社会学研究者が真剣に研究していたりするわけです。

 予言の自己実現とは、誤謬に基づく認知であっても、それが本当だ、正しいものだという確信や不安感があれば、実現に向かうように無意識に行為してしまうというものです。

参考HP)自己実現に関する説明のあるHP

 社会学の事例ではよくマイナスに働く自己実現が例として挙げられます。

 例えば、TVの血液型占いを見て、「ありゃ!勉強が手につかないってなっている!試験前なのに。」と思ったとします。

 「この間もこの占い当たったから、また当たるかもしれないなあ。」などと次に思ったら、この段階を「認知次元」といいます。

 こうなると無意識に「また当たるかもしれない。ダメかもしれない。」という方向に向かってしまう(相互行為次元)場合が多いようで、

そうなると実際にダメだったという結果が生じます(社会的次元)。

 ならば、上記のようなマイナスに働く予言の自己実現グセをやめて、プラスに働く自己実現グセをつけるようにすればよいということになります。

 プラスに働く自己実現グセをつけるために役立つのが、先ほどのようなイメージを強くもつということです。

 人間はなぜか、マイナス思考をついついしてしまうクセの方が優先するようで、これは意識して直していかないと、なかなかプラスに働く予言の自己実現グセをつけることはできません。

 就寝前に、明るい気持ちで、自分が成功しているイメージを楽しみながら、夢の世界に入るという習慣をつけると、マイナス思考グセから離れられることでしょう。

 メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 

---------------------------------------------

当ブログ姉妹メルマガのお知らせ

●管理会計・原価計算を徹底マスターしよう!●

 日商簿記1級・会計士・中小企業診断士試験受験生等に必要な管理会計・原価計算論を徹底的にマスターしましょう! 

 資格試験受験生だけでなく、マネジメント会計の知識を必要とする経営者やあらゆるビジネス・パーソンにとっても有益なメルマガです。

メルマガ購読はこちら→ http://www.mag2.com/m/0000255346.html


WEBサイト http://blog.livedoor.jp/costing2008/

平成19年度試験問題28の解説

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第36号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 メルマガ36号と前回のブログ記事で説明してきた時効学説のまとめとして、平成19年度試験問題28を確認してみましょう。

(以下、平成19年度行政書士試験問題28より引用)

 時効制度の存在理由については、次のような考え方の対立がある。


A説「時効とは、取得時効が成立した場合には無権利者であった者に権利を取得させ、消滅時効が成立した場合には真の権利者の権利を消滅させる制度である。」

B説「時効とは、真に権利を有する者または真に義務を負わない者が、長期間の経過によってそのことを証明できないことにより不利益を被ることのないよう救済するための制度である。」

  時効の援用(民法145条)に関する次の説明のうち、最も妥当なものはどれか。

1 時効の援用は、時効の効果が道徳に反する面があるため、それによる利益を受けるかどうかを当事者の良心にゆだねたものであるとの説明は、A説と矛盾する。

2 時効の援用は、民事訴訟法上の弁論主義から求められるものであるとの説明は、B説と矛盾する。

3 時効の援用は、はじめに遡って権利の得喪の効果を生じさせるものであるとの説明は、A説と矛盾する。

4 時効の援用は、権利関係を証明するための法定証拠を提出する行為であるとの説明は、B説と矛盾しない。

5 時効の援用は、法定の停止条件であるとの説明は、A説と矛盾する。

(引用終わり)

---------------------------------------------

★ブログランキングに参加しています★


以下の2つのバナーをクリックお願いします!!

人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ


---------------------------------------------

 メルマガ36号や昨日のブログ記事で確認いたしました、訴訟法説は、

「民法上の時効制度は、要件効果を定めた実体法上の権利得喪原因ではなく、立証が困難な事象の救済を認める訴訟法上の法定証拠(債権証書や証言に優越する証拠価値を与えるもの)に関する規定であるとする説」

とするものだったわけですが、これは、上記問題28のB説に他なりません。

 とすると、A説は、「訴訟法説」以外、すなわち、「実体法説」(不確定効果説(停止条件説・解除条件説等)・確定効果説等の総称)であると推測することができると思います。

 実体法説は、「時効を実体法上の権利得喪原因である」とし、「消滅時効により債権者の債権は消滅し、取得時効により、無権利者が所有権を取得する。」と考えます。

(「民法機彳眦諜著 東京大学出版 1995年 p263以下参照) 

 上記説明は、問題文A説の説明とほぼ同様のものであり、よって、A説は「実体法説」を意味していると考えてよいということになります。

 A説が「実体法説」」(不確定効果説(停止条件説・解除条件説等)・確定効果説等の総称)、

B説が「訴訟法説」であるということがわかったところで、各選択肢を検討していきたいと思います。

〔選択肢1.〕

 選択肢1.のような見方により、(時効の援用は利益を受けるかどうかを当事者の良心にゆだねたものである)時効規定(民法145条)をとらえる場合、145条を「良心規定」と呼びます。

 「実体法説」中の「不確定効果説」(停止条件説・解除条件説)は、援用又は放棄によって権利変動が確定的になるとします。

 これは、時効の完成により有無を言わさず、自動的に権利得喪を生じさせる(と考えるのは確定効果説)のではなく、

「借りた金を返さない等はやはりよくない、だから私は、時効が完成していても、時効の利益は受けたくない。」という良心的な人がいた場合に、

法は利益の押付けはしない、という趣旨のものであると考えることができます。

 つまり、不確定効果説は、時効の援用規定を良心規定と見ているわけです。

 不確定効果説はA説に包含されるものですから、A説と選択肢1.は矛盾しないということになります。

(ということは、A説と矛盾するとする選択肢1.は妥当ではないということになります。)

 対して、「実体法説」中の確定効果説(攻撃防御方法説)
と、「訴訟法説」は、

判決の基礎となる事実の確定に関する資料は当事者が提出しない限り、裁判所は取り上げないとする「弁論主義」から求められるものであると考えられ、

良心規定とは別角度から145条をとらえているということになります。

〔選択肢2.〕

 選択肢1.の解説で確認しましたように、「実体法説」(A説)中の「確定効果説」と「訴訟法説」(B説)は、弁論主義から求められるものであると考えられています。

 ということは、時効の援用が民事訴訟法上の弁論主義から求められるものであるとの説明はB説とは矛盾しないことになるので、

B説と矛盾するとする選択肢2.は妥当ではないということになります。

〔選択肢3.〕

 民法144条は、「時効の効力は、その起算日にさかのぼる。」と規定しています。

 A説中の不確定効果説(停止条件説)では、契約の効力が取消権の行使により、最初に遡り消滅するように、援用により時効の効力が発生する等と考えたりします。

 この考え方は、選択肢3.の「はじめに遡って権利の得喪の効果を生じさせるものである」との説明とは矛盾しないため、A説と矛盾するとする選択肢3.は妥当ではないということになります。

〔選択肢4.〕

 「時効の援用は、権利関係を証明するための法定証拠を提出する行為である」との説明は、まさしく、「訴訟法説」(B説)を説明しているものであり、B説とは矛盾しないため、選択肢4.は妥当であり、よってこれが本問の正解となります。

〔選択肢5.〕

「時効の援用は、法定停止条件である」との説明は、A説中の不確定効果説(停止条件説)を意味し、ゆえに選択肢5.はA説と矛盾しません。よって、A説と矛盾するとする選択肢5.は妥当ではないことになります。

 メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 

---------------------------------------------

当ブログ姉妹メルマガのお知らせ

●行政書士のためのマーケティング理論●

 科学的なマーケティング理論に基づく、行政書士事務所経営のためのベーシック・セオリーを身につけましょう。元第一線企業マーケターの行政書士が解説。このメルマガでは、単なる経験談ではない、科学的セオリーに基づくマーケティング理論を説明していきます。


メルマガ購読はこちら↓  

http://www.mag2.com/m/0000254708.html

WEBサイト http://blog.livedoor.jp/gyouseimake2008/

---------------------------------------------

学説推論問題(民法)

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第36号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 さて、メルマガ35号では、民法(学説推論問題:時効学説)をとりあげました。

 メルマガ35号を読み終わった方は、合わせて以下の問題を解いてみると、知識の定着を図れるものと思います。

 また、今回の問題は、昨年度の民法学説推論問題の類似問題です。

 36号メルマガの問題、今回のブログの問題を理解した後、昨年度の問題28を見直すと理解が深まるものと思います。

(民法例題)


(平成14年国家公務員1種試験民法科目より以下引用)

 債務の消滅時効制度の法的理解としては、主要なものとして次の3説が考えられる。


(祇癲忘通海両談濃効は、債務が消滅していることを時の経過により証明できなくなったことから債務者を救済する法定証拠の制度であり、債務を履行していない債務者を債務から解放する制度ではない。

(鏡癲忘通海両談濃効は、債務を負っている債務者を時の経過により債務から解放するための制度であり、時効完成により債務は当然に消滅する。

(契癲忘通海両談濃効は、債務を負っている債務者を時の経過により債務から解放するための制度であり、当事者の時効援用により債務は消滅する。

 次のア〜オのうち、それぞれの説から導き出すことができるものの組合せとして、妥当なのはどれか。


ア.消滅時効の完成により債務は消滅し、ただ債務者は時効の利益を放棄してその効力を覆すことができるのみである。

イ.時効完成後に、債務者がそのことを知らずに債権者に支払いをしたならば、債務は消滅していないから有効な弁済であり、実体法上の権利としての援用権はそれにより消滅する。

ウ.時効完成の効果は実体法上の援用権の成立であり、いかなる者に援用権を認めるかは実体法上の問題である。

エ.時効の援用は攻撃防御方法にすぎず、債務の消滅を主張する法的利益を持つすべての者は債務消滅を援用できる。

オ.時効の援用は攻撃防御方法ではなく、実体法上の権利行使であるところの意思表示であり、裁判上なされる必要はない。

   (機\癲法    吻供\癲法   吻掘\癲
1.    ア      イ、ウ、オ   イ、ウ、オ

2.    ア     ア、イ、エ、オ  ア、イ、ウ

3.    イ      イ、エ、オ   ア、ウ、オ

4.    エ       ア、イ    イ、ウ、オ

5.    エ       ア、エ    イ、ウ、オ

(引用終わり)

(民法例題終わり)

---------------------------------------------

当ブログ姉妹メルマガのお知らせ

●独禁法学●

 生い茂る森林のような独禁法の世界をかき分けて、現代経済ルールのあり方を探求する。ビジネス法務の第一人者である行政書士・東商ビジネス実務法務1級認定者が解説。ビジネス実務法務検定試験(R)、法学検定等の独禁法科目対策等としても最適。

メルマガ購読は↓から

http://www.mag2.com/m/0000254700.html


WEBサイト http://ameblo.jp/houtekisikou2007

---------------------------------------------

---------------------------------------------

★ブログランキングに参加しています★


以下の2つのバナーをクリックお願いします!!

人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ


---------------------------------------------

正解は以下です。

正解:5

 時効学説に関する説明については以下をまずご覧ください。

 メルマガ36号バックナンバー 

 問題文の祇發蓮◆嵋…蠑攀鬚寮度であり」とあるので、上記リンク先でいう法定証拠提出説(訴訟法説・権利確定説)を意味しています。

 問題文の鏡發蓮◆峪効の完成より債務は当然に消滅する」とあるので、上記リンク先でいう確定効果説(攻撃防御方法説)にあたります。

 問題文の契發蓮↓鏡發汎瑛諭◆峪の経過により債務から解放するための制度」ではあるのですが、

「当事者の時効援用により債務は消滅する」とするものですので、上記リンク先でいう不確定効果説の停止条件説を意味しています。

 なお、供↓契發蓮◆峪の経過により債務から解放するための制度」というものであるのに対して、

祇發蓮◆嶌通骸圓鮑通海ら解放する制度」ではなく、「債務消滅を時の経過によって証明できなくなったことから債務者を救済する

法定証拠(債権証書や証言に優越する証拠価値を与えるもの)の制度である」という点が本問のポイントとなっています。

 また、祇發鯀幣挧\發箸いΩ討喨をする場合、対してこの説以外の2説は、実体法説と呼ばれます。

「選択肢ア.について」

 訴訟法説(祇癲砲任蓮⊂談濃効の完成という時の経過のみでは債務は消滅しません(提訴し、勝訴しなければなりません)。

 よって、選択肢アは祇發任呂覆い箸いΔ里鰐世蕕です。

 また、消滅時効の完成という時の経過のみで、債務は消滅するというわけですから、確定効果説(鏡癲砲謀合的です。

 停止条件説では、援用という条件成就がなければ効力が生じませんので、停止条件説(契癲砲箸賄合的ではありません。

 よって選択肢ア.は、鏡發ら導き出されるものとなります。

「選択肢イ.について」


 「実体法上の権利としての援用権はそれにより消滅する」とあるので、選択肢イ.は、実体法上の問題につき言及しており、訴訟法説(祇癲砲任呂覆い箸いΔ里鰐世蕕です。

 また、「時効完成後に・・債務は消滅していないから」とあるので、

消滅時効の完成という時の経過のみで、債務は消滅しないということですから、確定効果説(鏡癲砲箸賄合的ではありません。

 選択肢イ.は、時効期間の経過により、時効は成立してはいますが、

効力は援用という条件が成就するまでは生じないとする停止条件説(契癲砲氾合的であり、よって選択肢イ.は、契發ら導き出されるものとなります。

「選択肢ウ.について」


 「時効の完成は実体法上の援用権の成立であり」とあるので、選択肢ウ.は、実体法上の問題につき言及しており、訴訟法説(祇癲砲任呂覆い箸いΔ里鰐世蕕です。

 また、「時効の完成は・・援用権の成立」であるとしているので、時効期間の経過により、確定的に権利の得喪が生じるとする確定効果説(鏡癲砲箸賄合的ではなく、

効力は援用という条件が成就するまでは生じないとする停止条件説(契癲砲氾合的であり、よって選択肢ウ.は、契發ら導き出されるものとなります。

「選択肢エ.について」


 時効の援用は、「攻撃防御方法(原告・被告が訴訟において自己の申立を理由づけるために訴訟資料として提出するすべてのもの)」であるとしているので、

選択肢エ.は、援用を証拠にすぎないとする訴訟法説(祇癲法Τ猟蠍果説(鏡癲砲氾合的です。

 よって、選択肢エ.は、祇癲Ν鏡發ら導き出されるものとなります。

「選択肢オ.について」


 「時効の援用は攻撃防御方法」ではないとしているので、訴訟法説(祇癲法Τ猟蠍果説(鏡癲砲箸賄合的ではありません。

 援用を実体法上の権利行使であるところの意思表示であるとするのは停止条件説(契癲砲世韻任△蝓∩択肢オ.は、契發ら導き出されるものとなります。

 メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 

---------------------------------------------

当ブログ姉妹メルマガのお知らせ

●独禁法学●

 生い茂る森林のような独禁法の世界をかき分けて、現代経済ルールのあり方を探求する。ビジネス法務の第一人者である行政書士・東商ビジネス実務法務1級認定者が解説。ビジネス実務法務検定試験(R)、法学検定等の独禁法科目対策等としても最適。

メルマガ購読はこちら↓  

http://www.mag2.com/m/0000254700.html

WEBサイト http://ameblo.jp/houtekisikou2007

---------------------------------------------

勉強は快感?

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第35号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 人間は興味をもった知的分野について、理解ができたときに、この上ない快感を感じる生き物です。

 人間は、そういうふうにできているわけですね。

 そして、その知的分野を理解するための作業が勉強に他なりません。

 ですので、勉強とは本来、この上ない快感が味わえる喜びを伴う楽しい作業ということになります。

 なのに、なぜ多くの人が「勉強とは大変なことだ。」と思うのかというと、

それはそういう思い込みが深層心理に植えつけられているからではないかと思います。

 確かに、条文を機械的に暗記したりする作業は面白くもなんともありません。

 ただ、苦痛なだけでしょう。

 そして、誰もが通らざるを得ない学校教育の場で、そういう暗記を中心とする苦痛な勉強方法を、若い時期に押し付けられたことが、トラウマとなり、

人々に、「勉強とは苦しいものである。」という思い込みを生じさせているのではないかと思います。

 しかし、それは根拠のない思い込みであり、それに縛られて、「勉強は苦痛である」と常々思いながら、長い受験期間中を苦しみながら過ごす必要性はサラサラありません。

 前述したように、勉強とは人間が本能的に持つ喜びを引き出せる楽しい作業なのですから、

この勉強の本来的な機能に従って、喜びを感じながら受験期間を過ごした方がいいに決まっています。

 また、勉強に喜びを感じるということは、実は理解が深まっているという証でもあり、

(人間は本能的に理解ができると喜びを感じられる生き物なので・・。)

勉強に喜びを感じられる頻度が高くなればなるほど、合格に近づいているということでもあります。

 喜びが感じられる学習とは、理解を深める学習

(単に機械的に何か憶えるということに注力するのではなく、学習内容の裏にある法則性を見つける学習。

暗記するにしても、法則性を付加しながら憶えると理解を深める学習に変化することでしょう。)

でもあり、

とするならば、合格を近づけるためには、できる限り喜びを感じられるように、学習する必要があるということになります。

 あえて、心の中で「勉強とは苦しいもの。忍耐が必要なもの。」と思い込みながら、勉強するということは、

勉強の喜びをわざわざ心理的に遠ざけるものであり、学習内容の理解を困難にするものです。

---------------------------------------------

★ブログランキングに参加しています★


以下の2つのバナーをクリックお願いします!!

人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ


---------------------------------------------

 また、何をどう思いながら、勉強しようがそれは各人の勝手であり、

「勉強とは苦しみながらしなければならない」というようなルールなんてどこにもないわけですから、

「ああ、勉強ってカ・イ・カ・ン!」とか思いながら、勉強することも当然、許されることであり、

そうであるならば、苦しいと思いながら、その想いに誘導される苦痛な時間を過ごすよりも、

楽しい、幸せを感じると思いながら、その想いに誘導される幸福な時間を過ごした方が、

かけがいのない自分の人生を大事にすることにもなります。

よって、いずれにしても、勉強は楽しいものである、快感が味わえる幸福な時間を提供してくれるものである、

と思い込みながら勉強した方がよいということになります。

(もちろん、そのための様々な工夫も必要となりますが・・。その工夫に関するヒントは、また追々このブログでも紹介していきたいと思います。)

 実際にどのような環境下であれ、勉強ができる環境にあるということは幸せなことです。

 そういう機会が与えられたことに感謝すべきであっても、「苦しい状態」にあると思うべきではないものとも思います。

 広い世界においては、勉強をして、潜在能力を伸ばすことができるという幸福な機会がノドから手が出るほど欲しくても、

理不尽な社会的貧困や戦乱等の状態にある等の理由からどうしても勉強の機会が得られない環境下にある方が大勢いるわけですから・・。

 幸せな時間に浸れることに喜びを感じ、感謝しながら、是非とも受験期間をお過ごし頂ければと思います。

メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 
 

----------------------------------------------

★新刊行政書士試験用書籍のご紹介★

わかる行政書士予想問題集 法令編 平成19年版 (2007)

わかる行政書士法令編・要点整理 平成19年版 (2007)

明けましておめでとうございます。

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第35号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 明けましておめでとうございます。

 新しい1年が皆様にとってよき年になることを心よりお祈り申し上げます。

 昨年中は、当ブログに、ひとかたならぬご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

 なにとぞ、本年も相変わりませず、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 天満の天神さんでおなじみの、大阪天満宮で、受験生の皆様の合格祈念を行って参りました。

大阪天満宮本殿

 

 ものすごい数の参拝客がいて、お賽銭するにも、一苦労でした。

 

 大阪天満宮
←は、大阪天満宮正門前です。大阪天満宮は、いわずと知れた学問の神様、菅原道真公をおまつりしています。 
 
 
 また、大阪天満宮近くには、日本一の長さを誇る天神橋筋商店街や、復興した上方演芸場繁盛亭等があります。

 大阪の方にはなじみの深いスポットだと思うのですが、他地域の方にとっては、あまり知られていないところかもしれません。

 大阪天満宮一帯は、なかなか楽しめるところですので、大阪に出向かれた場合には是非、お立ち寄り頂ければと存じます。

 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!
↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 
 
 

----------------------------------------------

★行政書士試験用書籍のご紹介★

わかる行政書士予想問題集 法令編 平成19年版 (2007)

わかる行政書士法令編・要点整理 平成19年版 (2007)

今年1年間、お疲れ様でした。

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第35号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 今年1年、皆様にとって、色んなことがあったものと思います。

 日頃、忙しく過ごされてきたと思いますが、今日は駆け抜けてきた1年をゆっくりと振り返られているのではないかと存じます。

 楽しかったことや、悲しかったこと、苦しかったこと、出会った様々な人のこと、過ぎ去っていった人のこと、仕事や学習で一所懸命やってきたこと・・。

 どれも大事な思い出として皆さんの脳裏に刻み込まれているのではないかと思います。

 中には忘れたい、苦々しく想う、思い出もあることでしょう。

 そういう想いを水に流して、新たな気持ちになれるのが、今日と明日だと思います。

  いつまでも、想っていてもしかたがない、誤った執着心などを打ち消すために鳴らされるのが除夜の鐘です。

 今日は、一年の終わり、明日は一年の始まり・・。

 終わって、始まる、境の日です。

 今日で一度リセットされて、明日からまた再生し、

そして、新しい次の場面へと変わっていくというのは、

季節も、時間も、そして、私達も同じだと思います。

 除夜の鐘の音色を聞きながら、悪しき執着心を消し去り、

心地よい春が待っているという、明るい想いを強く抱いて、今日一日お過ごし頂きたく存じます。

 よいお年をお迎えくださいませ。。

|||||"q_(^_^) ♪

メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 
 

----------------------------------------------

★行政書士試験用書籍のご紹介★

わかる行政書士予想問題集 法令編 平成19年版 (2007)

わかる行政書士法令編・要点整理 平成19年版 (2007)

民法正誤問題(失踪宣告)

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第35号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 さて、メルマガ35号では、民法(失踪宣告)をとりあげました。

 メルマガ35号を読み終わった方は、合わせて以下の問題を解いてみると、知識の定着を図れるものと思います。

(民法正誤問題)

 Aについて失踪宣告がされたという事例に基づいた場合、以下の記述は妥当か否か。 

(平成15年国家公務員1種試験民法科目より以下引用)

 「失踪宣告が取消された場合に、相続人Bが相続により取得した土地をCに売却していたとしても、Cが善意でさえあれば、CはAに土地を返還しなくてもよいとするのが判例である。」

(引用終わり)

(民法正誤問題終わり)

----------------------------------------------

★ブログランキングに参加しています★


以下の2つのバナーをクリックお願いします!!

人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ


----------------------------------------------

 
正解は以下です。

| 

----------------------------------------------
★行政書士試験用書籍のご紹介★
 
法的思考力の実力養成・確認に最適な問題集
 
 

----------------------------------------------

正解は以下です。

正解:妥当ではない。

民法32条は、

「失踪者が生存すること又は前条に規定する時と異なる時に
死亡したことの証明があったときは、

家庭裁判所は、本人又は利害関係人の請求により、失踪の宣告を取り消さなければならない。

この場合において、その取消しは、失踪の宣告後その取消し前に善意でした行為の効力に影響を及ぼさない。」

と規定しています。

 そして、当該32条の「その取消しは、失踪の宣告後その取消し前に善意でした行為の効力に影響を及ぼさない。」でいう善意は、

本問のケースでいうとBCともに失踪宣告が事実に反するということを知らないことを指すとするのが、判例(大判昭13.2.7)・通説の立場です。

 したがって、Cさえ善意でさえあればよいとする本問は妥当ではないということになります。
 
 なお、有力説として動的安全(取引の安全)保護のため本ケースでいうとCの善意だけあればよいとする説もありますが、本問の場合、判例の見解に照らして答える必要がありますので、有力説に基づく解答は認められないということになります。

 より、詳しい解説は以下の当メルマガバックナンバーでご確認のほど宜しくお願いします。

  メルマガ 「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」バックナンバー第35号はここをクリックしてください。

 メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 
 

----------------------------------------------

★新刊行政書士試験用書籍のご紹介★

わかる行政書士予想問題集 法令編 平成19年版 (2007)

わかる行政書士法令編・要点整理 平成19年版 (2007)

マーケティング関連の新規メルマガ発行!

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第34号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 早いもので、このブログをはじめてから1年経ちました。

 多くの方々にご覧頂いたことにつき、この場を借りて感謝申し上げます。

 ありがとうございました。

 このブログが始まった頃、受験生だった方の中には、昨年度及び本年度の試験に合格し、あるいは合格確実の見込みとなり、開業等の次なるステップを目指されている方もおられるものと思います。

 そんな方々のために、主に開業にあたって必要となるマーケティング技法、専門分野をまだ決めていないという方のための独禁法専門知識に関する、メルマガ・ブログをはじめました。

 メルマガ・独禁法マーケティング

ブログ・独禁法マーケティング

メルマガ・行政書士のためのマーケティング理論

ブログ・行政書士のためのマーケティング理論

メルマガ・独禁法学

ブログ・独禁法学

  行政書士業務とは関係がないという方にとっても、これらでご紹介させて頂きます情報は、役立つものになると思います。

 有益な情報をこれからもご提供させて頂きたく、努力してまいりたいと思っておりますので、これらを本ブログ同様、ご愛顧頂ければ幸いにございます。

 今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 
 

----------------------------------------------

★新刊行政書士試験用書籍のご紹介★

わかる行政書士予想問題集 法令編 平成19年版 (2007)

わかる行政書士法令編・要点整理 平成19年版 (2007)

民法正誤問題(胎児の権利能力)

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第34号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 法的思考を身につけて、絶対合格、行政書士! 

 さて、メルマガ34号では、民法(胎児の権利能力:停止条件説・解除条件説)をとりあげました。

 メルマガ34号を読み終わった方は、合わせて以下の問題を解いてみると、知識の定着を図れるものと思います。

(民法正誤問題)

 以下の記述は、通説に照らして妥当か否か。

(平成16年特別区砧犹邯殻泳_別椶茲螳焚式用)

「同時存在の原則の例外として、胎児は相続については既に生まれたものとみなされ、胎児が死体で生まれたときもこの例外則が適用される。」

(引用終わり)

(民法正誤問題終わり)

----------------------------------------------

★ブログランキングに参加しています★


以下の2つのバナーをクリックお願いします!!

人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ


----------------------------------------------

 
正解は以下です。

| 

----------------------------------------------
★行政書士試験用書籍のご紹介★
 
法的思考力の実力養成・確認に最適な問題集
 
 

----------------------------------------------

正解は以下です。

正解


妥当ではない。

 同時存在の原則とは、相続の場合においては、権利能力者として、相続開始時に相続人が存在していなければならないということを指します。

 しかし、民法第721条、886条、965条には、「胎児は既に生まれたものとみなす」旨の規定が置かれています。

 これらは、相続開始時等に、存在(出生)していなくても、胎児であればよいとする、同時存在の原則の例外となります。

 この場合の「胎児は既に生まれたものとみなす」ということの意味をめぐっては、次のような考え方の対立があります。

停止条件説(通説・判例)

「これらの規定は、その本質を停止条件的なものと考え、胎児が生きて出生すれば相続開始時や不法行為時に遡って権利能力を取得するとする制度である。」

解除条件説(有力説)

「これらの規定は、その本質を解除条件的なものと考え、胎児は胎児の段階で権利能力を取得するが、生きて出生しなかった場合は、遡って権利能力を失うとする制度である。」

 停止条件説に従った場合、生きて生まれなかったら、停止条件が成就していませんから、権利能力は取得できません。

 解除条件説に従った場合、生きて生まれなかったら、遡って権利能力を失います。

 いずれにしても、生きて生まれなかった場合は、権利能力を得ませんので、

既に生まれたものとみなされないため、例外則は適用されないと考えてよく、問題文の記述は妥当ではないということになります。

  より、詳しい解説は以下の当メルマガバックナンバーでご確認のほど宜しくお願いします。

  メルマガ 「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」バックナンバー第34号はここをクリックしてください。

  上記メルマガ34号を発行したのは、12月9日でした。

 その後、12月12日に、大阪府知事選に出馬表明をした、橋下徹氏が、記者会見において、一度は出馬を見送ったにもかかわらず、

再度出馬を決めたことに関し、解除条件・停止条件といった概念を使いながら説明をされていたことが印象的でした。

  上記関連記事 

 メルマガの読者様で、上記会見をご覧になった方は、「なんとタイムリーな!」と思われたのではないでしょうか。(^^)

 メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 
 

----------------------------------------------

★新刊行政書士試験用書籍のご紹介★

わかる行政書士予想問題集 法令編 平成19年版 (2007)

わかる行政書士法令編・要点整理 平成19年版 (2007)

その他以下読み法

 メルマガ「法的思考を身につけて、絶対合格行政書士!」第33号を発刊いたしました。


 予想以上の大好評を頂いている、本格受験対策メルマガです。

 ご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0000220448.html

 前回の復習をしてみましょう。

行政不服審査法35条

「執行停止をした後において、執行停止が公共の福祉に重大な影響を及ぼし、又は処分の執行若しくは手続の続行を不可能とすることが明らかとなつたとき、その他事情が変更したときは、審査庁は、その執行停止を取り消すことができる。」

 一見すると、「うざッ!」という感じの条文ですが、前回やったように、まず句読点で区切って読みます。

1.執行停止をした後において、

2.執行停止が公共の福祉に重大な影響を及ぼし、

                 又は

3.処分の執行若しくは手続の続行を不可能とすることが明らかとなつたとき、

                その他

4.事情が変更したときは、審査庁は、その執行停止を取り消すことができる。

 ということですから、上記条文の「その他」以下、つまり4.がこの条文の基底規定となります。

 よって、4.、

「事情が変更したときは、審査庁は、その執行停止を取り消すことができる。」

が、本条文の基礎となります。

 そして、事情が変更したとして、執行停止を取消すことができる場合の例示として、

a)「執行停止が公共の福祉に重大な影響を及ぼす場合」

b)「処分の執行若しくは手続の続行を不可能とすることが明らかとなつたとき」

等があるというように理解できます。

 もちろん、a)・b)は例示ですから、それ以外にも事情変更により、執行停止を取り消しできる場合があるということになります。

----------------------------------------------

★ブログランキングに参加しています★


以下の2つのバナーをクリックお願いします!!

人気ブログランキングバナー1

にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ


----------------------------------------------

地方自治法204条1項

「普通地方公共団体は、普通地方公共団体の長及びその補助機関たる常勤の職員、委員会の常勤の委員、常勤の監査委員、議会の事務局長又は書記長、書記その他の常勤の職員、委員会の事務局長若しくは書記長、委員の事務局長又は委員会若しくは委員の事務を補助する書記その他の常勤の職員その他普通地方公共団体の常勤の職員並びに短時間勤務職員に対し、給料及び旅費を支給しなければならない。」

 同じように句読点で区切ります。

1.普通地方公共団体は、

2.普通地方公共団体の長

                及び

3.その補助機関たる常勤の職員、

4.委員会の常勤の委員、

5.常勤の監査委員、

6.議会の事務局長

               又は

7.書記長、

8.書記その他の常勤の職員、

9.委員会の事務局長

              若しくは

10.書記長、

11.委員の事務局長

               又は

12.委員会若しくは委員の事務を補助する書記その他の常勤の職員

               その他

13.普通地方公共団体の常勤の職員並びに短時間勤務職員に対し、

14.給料及び旅費を支給しなければならない。

 13.+14.が基底規定ですから、ようするにこの長ったらしい条文は、

地方公共団体は(1.)、地方公共団体に勤める人に、給料・旅費を支給しなければならないということをいっているに過ぎない条文で、

その例示として、2.〜12.を挙げているだけということになります。

 「その他以下読み」ができるだけでも、条文分析がかなり楽になってくるのですが、

 それ以外の場合でも、句読点で区切りながら読むというのが、長い条文を読む場合の基本となります。

 条文を読み込みする場合は、句読点のところに斜線を引いて番号をつけながら、読むというクセをつけると、内容をより深く理解できるようになるのではないかと思います。

メルマガ版「法的思考力を身につけて、絶対合格行政書士!」をご購読希望の方は、無料で登録できますので、よろしければ、以下より読者登録をお願いいたします。

http://www.mag2.com/m/0000220448.html

 人気ブログランキングにも参加いたしました!

 ↓の資格ブログバナーとグリーンの人気ブログランキングバナーをクリックお願いいたします。ランキングアップにご協力お願いいたします!


人気ブログランキングバナー1
 
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ

 
 

----------------------------------------------

★新刊行政書士試験用書籍のご紹介★

わかる行政書士予想問題集 法令編 平成19年版 (2007)

わかる行政書士法令編・要点整理 平成19年版 (2007)

 

ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


↑の2つのバナーを、
クリックお願い致します!
ランキングアップにご協力を!

ギャラリー
  • 深夜における酒類提供店の開店手続
  • 酒類販売業免許について
  • 風営法について
  • 不動産業(宅建業)開業手続
  • 理容所・美容所開設の手続き
  • 飲食店等の食品衛生法に関する営業許可
Amazon






ブログランキング
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立支援へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

↑の2つのバナーを、
クリックお願い致します!
ランキングアップにご協力を!

livedoor 天気
Amazon






QRコード
QRコード
Categories
  • ライブドアブログ